サビに直接塗る防錆剤・さび止め下塗りプライマーCT-CVT

サビを止めて、これ以上錆びるのを防ぐ下塗り保護膜

鉄の赤さびに塗ると黒いゴムで覆って錆の進行を防止します。
錆に直接塗布するさび止め剤CT-CVT

防錆剤+不動態膜+ラテックス保護膜の3重ガード

本製品は、鉄サビに直接塗布する強力な「錆び止めコーティングプライマー」です。鉄から各種合金まで幅広い金属に対応した、低VOC(揮発性有機化合物)無毒性コーティング剤です。
乾燥するとゴム膜を形成しますが、強度がないため、更にBF3-86などの硬い樹脂系塗料などで上塗りしてください。
※事前にテストをして下さい。

さびに直接塗って止める防錆剤とは?

  • 本製品は最新防錆剤を使用した水溶性コーティング剤です。
  • 濡れた面でも塗布できます。
  • 防錆剤+不導体膜+ラテックスゴム膜の三重ガードで錆を防止。
  • 海岸沿いなど厳しい環境で使用が可能です。
  • 低VOC(揮発性有機化合物)であり、難燃性・無毒性。
  • 本製品に さらに上塗り塗装を推奨。(水性・溶剤系)
  • 環境に優しく使用ができる非常に強力なプライマーです。

強力にサビを止める仕組み

  1. 直接サビに塗布すると浸透し、軽度のサビを除去します。
  2. 除去ができないサビは、錆の表面をステンレスの様に錆びにくい不動態に変換します。
  3. 錆びていない金属表面がある場合、防錆成分で保護します。
    すなわち、金属表面に強固なイオン結合分子を張り巡らせ、サビ発生の根源である「酸化還元反応」を防止します。
  4. さらにラテックス膜で金属全体を覆い、水蒸気の透過を強力に防止します。

錆びた鉄にサビ止めプライマーを塗布

  1. かなり錆びた鉄を準備
    塩害などの厳しい環境を想定し、重度に錆びた鉄を準備。
    湿ったサビでも塗布が可能。
  2. さびに直接塗る
    直接サビに塗布すると、軽度のサビを除去し、鉄表面を防錆剤で保護します。
    重度の錆には2度塗りが効果的。
  3. 硬化
    約12時間後に赤さびが不動態に変化し、更に難燃性のゴム膜で表面が覆われます。ゴム膜は錆の状態によって黒色系に変化。ゴム膜には強度が無いため更に樹脂系塗料で上塗りを推奨。

さびに直接塗る防錆剤の特徴と用途例

  • 多種の錆びに直接塗布が可能。進行を阻止し保護します。
  • 軽サビを除去して金属表面に達し防錆成分で保護します。
  • 重いサビ表面を「疎水性不動態膜」に化学変化します。
  • 全体をラテックスゴム膜で覆い、水蒸気の透過を防止します。
  • 低VOC(揮発性有機化合物)の無毒性下塗り剤です。
  • 溶剤系・水溶性を問わず、さらに塗料で上塗りを推奨。
  • 錆除去が困難な箇所へのサビ進行防止に。
  • 錆びた金属に直接プライマーを塗布する時。
  • 海洋建造物など海岸沿いの厳しい環境での使用に。
  • すでに濡れている湿ったサビに直接塗布する時。
  • さらに防錆コーティングによる上塗りを推奨します。
  • 事前にテストしてください。
»