剥がすと破れる改ざん防止セキュリティラベルSEC#112

もろいタックシールなので、剥がすと簡単に破れて貼り直しができません。

貼ったシールをはがすとボロボロに破れて原形をとどめないセキュリティラベルです。

はがすと簡単に破れるラベルシールで開封確認と本物証明

商品は輸出・輸入などを含め複雑な経路をたどり流通します。
そういった中、商品の改ざんや盗難、開梱や開封といった様々な問題が発生しており、商品の安全性確保のためにセキュリティ対策が必要です。

このセキュリティラベルシール(改ざん防止ラベル)は剥がすとすぐに破れるため、ラベルシール自体の貼り直しができず、梱包物の未使用・未開封が簡単に確認できます。
また一度剥がしたラベルシールは原形をとどめないため再利用ができず、あらかじめ商品に直接貼っておくと、偽物防止(真贋確認)ができます。

ラベルの形状・サイズ、表面への印刷内容は自由に設定できます。


  • シールは非常にもろく、きれいに剥がせず再利用ができません。
  • ラベルサイズや形状、表面への印刷内容を自由に設定できます。
  • 開封防止や未開封の証明として使用します。
    (ラベルを曲げると割れるため、平面に貼ってください。)
  • 商品の本物証明の確認用に使用します。
  • ※規格サイズはございません

剥がすと破れて再利用できないので、真贋や開封の確認に使います。

はがすと破れて原形を留めないシールラベルは、開封の確認や真贋判定用に使います。

破れる改ざん防止セキュリティラベルSEC#112

  • 受注製作品なので、シールラベルのサイズや形状は自由に指定ができます。
  • 商品名、社名やロゴなど印刷を入れることが可能。
  • 別注品につき、規格サイズはありません。
確認用タックラベルをはがすと破れて元に戻りません。

故意に剥がすと、破れて再利用できません。

  • シールは非常に破れやすく、きれいに剥がせません。
  • 破れたラベルは原形をとどめず再利用できません。
  • 貼り直しや貼り替えができないので、商品に直接貼って本物証明や真贋判定、または開封確認に使います。
  • シールは曲げると割れるため、平面に貼って下さい。

はがすと破れて再利用できない、改ざん防止用ラベルSEC#112 用途と特徴

貼り直しができないシールラベルの特徴

  • シールは非常に破れやすく きれいに剥がせません
  • 破れたラベルは原型をとどめず再利用ができません。
  • 梱包箱や袋に貼ることで開封済みの確認ができます。
  • サイズ・形状・表面への印刷内容を自由に設定可能。
  • 別注製作品につき、規格サイズはございません。
  • ラベルを折り曲げると割れるため、平面に貼って下さい。

用途例

  • 商品に直接貼って、偽物防止・真贋判定
  • 製品への異物混入防止・販売品の未開封証明
  • 商品開梱・開封・改ざんの防止
  • 在庫・ストック品の保管・管理
  • 食品・医薬品・化学品の梱包 (未開封の確認)
  • 個人情報・データー・機密書類の保管・保護
«