検品用クリーニング手袋ER-GRV(静電気除去&除塵)

手でなでるだけで、傷つけずに除電と清掃ができます。

作業者と製品の除電とホコリ取りができる手袋は、最終検品作業に使う検査用です。

対象物をなでると、静電気除去とゴミ取りができる、検品用手袋

手袋を装着して対象物を軽くなでるだけで、静電気の除去とゴミ取りクリーニングが同時に行える、検品用ワイピンググローブです。
拭き掃除の摩擦で発生する静電気を除去することで、製品へのゴミの吸着を防止し、さらにマイクロ繊維が細かいホコリを絡め取ります。

カーボンや金属類は一切使用せずに除電できる非常にソフトな生地なので、ワイピングや拭くときに対象物を傷付けません。
しかも装着者の静電気も除去するので、電子機器などを扱う現場でも使えます。

本製品には、静電気除去マイクロクロスを使用しています。
中性洗剤で軽く手洗いすることで、繰り返し使えます

製品をなでるだけで、静電気を除去してゴミを絡め取る手袋ER-GRV

製品に使っている除電ワイピングクロス(黒い生地)

近づけると静電帯電を除電する布生地は、触れるだけで静電気とゴミを除去します。
検品用クリーニング手袋ER-GRVの生地

微細なゴミを除去できる、手袋の繊維について

静電気除去の除電布は、近づけるだけで帯電を放電する静電気対策用のワイピングクロスです。
マイクロ繊維で汚れを除去

特殊なマイクロ繊維
ナイロン&ポリエステルの鋭いエッジを持った、特殊な繊維です。従来除去できなかった微細な粉塵を簡単に掻き取ります。


検品用手袋ER-GRVが、静電気を除去するメカニズム

除電ワイパーが静電気を除去する方法

■除電のメカニズム
手袋の黒い生地の表面には、導電性繊維の先端が無数に出ており、それらが避雷針の役目を果たして空中にコロナ放電(※)します。

※コロナ放電とは
高周波高電圧雰囲気での大気中では原子・分子・電子イオン同士の衝突などが頻発します。その衝突によって電子エネルギーの励起がおこりその際に光子を放出します。この微弱な放電状態をコロナ放電と呼びます。


静電気を除去する除電効果(試験データ)

静電気をなくす除電布ワイパーは、簡単にゴミを拭き取るウエスです。
一般導電布とMK-ERCの除電力を比較

■除電試験の解説
10KVに帯電した樹脂フィルムに3㎜まで、手袋の黒い生地を近づけた時の電圧測定結果です。
非接触でもわずか1秒間で2KV以下まで電圧が低下し、非常に優れた除電効果を発揮します。
(残留耐電圧が3~5KVではホコリが付着するため、解決にはなりません。)


なでるだけで除電と掃除ができる手袋ER-GRV 特徴・用途例

静電気除去とクリーニングができる検品用手袋の特徴

  • 除電マイクロ生地MK-ERCを使った手袋です。
  • 対象物に3㎜以上近づくと素早く除電します。(接触も可)
  • 手袋を装着した作業者の静電気も、放電します。
  • 軽くなでるだけで、マイクロ繊維がホコリを絡め取ります。
  • 中性洗剤の軽い手洗いで、繰り返し使用できます。

用途例

  • 検品作業で、表面のホコリや軽い汚れを取りたいとき。
  • 静電気を除去して、軽く簡単にホコリを拭き取りたいとき。
  • 対象物に触れずに非接触で除電したいとき。
  • 高級家具・漆器・ガラスなどの汚れ落としに。
  • ※作業者の除電は、補助としてご使用下さい。

静電気を除電してホコリを拭き取る手袋は、検品用に使うワイピング作業です。
»