アルミニウムやマグネシウムの白サビ・酸化被膜除去液BF4-26

安全に白サビや酸化被膜を取り除く(つけ置き・刷毛塗り)

アルミニウムやマグネシウムの酸化被膜や白サビを浸け置きで除去します。

環境対応 アルミ・マグネシウムクリーナーBF4-26

  • 一般品BF4-26Lと高粘度BF4-26Gの2種類
  • 強力に白サビや酸化被膜を除去し、短期間の防錆も可能です。
  • アルミニウム合金・マグネシウム合金のクリーニングも可能です。
  • 約3ヶ月(室内)の間、サビ止めの光沢被膜が残って金属を保護します。
  • 処理後すぐにBF4-16防錆洗浄剤で洗えば、酸化を防いだまま後工程の加工が可能です。(電気メッキ・コーティングなど)
  • 亜硝酸塩不使用の安全・安心の防錆成分を配合。
  • RoHS・REACHの基準をクリアー
  • 4L・19L容器入り
  • 事前にテストをして下さい。

アルミやマグネシウムを浸けたり、本液を塗ってラップするだけ

アルミニウムやマグネシウムの白サビや酸化被膜を強力に除去する、環境と人体に安心な防錆液です。
液体に漬けておくだけでクリーニングができ、漬けることができない構造物には高粘度タイプを塗った後、乾燥防止にラップを巻いて処置します。
酸化被膜の除去後は、光沢被膜が約3ヶ月間の再酸化を防止します。(室内環境において)
クリーニング後にすぐ防錆洗浄剤BF4-16で洗浄すれば、乾燥後も長期間酸化することなく、そのまま後工程の加工(電気メッキ・コーティング・陽極酸化など)が可能です。
本製品には最新の第三世代防錆成分を使用しており、亜硝酸塩を使用せずに金属表面に強固なイオン結合分子を張り巡らせ、錆びの原因である「酸化還元反応」を防止します。
RoHS, REACHの基準をクリアーした、人と環境に優しい強力な白サビ・アルミクリーナーです。
※事前にテストをしてください。

危険でない安全な液体で、アルミの白サビや酸化被膜を取り除く

アルミの白サビ

アルミニウムやマグネシウムの白サビ・酸化被膜を除去

アルミニウムは錆びにくい金属ですが、何らかの影響で表面の被膜が剥がれてしまうと白い斑点のような白サビが発生します。
本製品に浸け置きしたり、高粘度タイプを刷毛などで塗ることで、これらの白錆びや酸化被膜を除去できます。
さらにサビ除去後は約3ヶ月間、光沢被膜で錆びの再発を防ぎます。
防錆成分には亜硝酸塩を使用せず、さらに有毒物質を含みません。
RoHSやREACHに対応した、安全で、環境に優しい製品です。


つけ置きができない構造物には、刷毛などで塗ってクリーニング

アルミニウムやマグネシウムの酸化被膜や白サビを浸け置きで除去します。

水道水で希釈して漬け置きする BF4-26L

  1. 金属の浮きサビをブラシなどで軽く取り除きます。
  2. 水道水で希釈して、対象物を浸け置きします。
    軽いサビは5~10分程度、重度の場合は20分毎に状態を確認してください。(マグネシウムは1~2分程度)
  3. 水道水で洗浄します。
    水道水のかわりに防錆洗浄剤BF4-16で洗うと長期間酸化せずに、そのまま後工程の加工ができます。(要テスト)
塗布してアルミニウムやマグネシウムの錆び・酸化被膜を除去します。

構造物に塗れる、高粘度タイプ BF4-26G

  1. 金属の浮きサビをブラシなどで軽く取り除きます。
  2. 粘度が高いため、白サビの部分に刷毛などで塗ることができます。(水で薄められません。)
  3. 液体の乾燥を防ぐため、塗った部分をラップで巻いて保護します。
  4. 水道水で洗浄します。
    水道水のかわりに防錆洗浄剤BF4-16で洗うと、長期間酸化しません。(屋内環境)

アルミやマグネシウムの白サビ・酸化被膜を除去 BF4-26 用途と特徴

アルミクリーナーの特徴

  • 浸け置き用BF4-26L / 刷毛塗り用BF4-26Gから選択可。
  • 「RoHS」「REACH」に対応。安全な環境対応品です。
  • 酸化被膜・スケールの除去後、短期間の再酸化を防ぎます。
  • 約3ヶ月の間、製品の被膜が光沢を維持します。
  • 電気メッキ、コーティングなどの前処理として使用可能。
  • アルミニウム合金・マグネシウム合金にも使用可能。

用途例

  • アルミニウムの錆・酸化皮膜の除去と短期錆止めに。
  • アルミニウム・マグネシウム合金のクリーナーとして。
  • 後加工を要する部品の前処理として。
  • マグネシウム合金のサビ・スケール除去に。
  • 陽極酸化、電気メッキ、コーティングなどの前処理に。(BF4-16で洗浄を推奨)

»