クリーンルーム用シリコンフリー・ノンシリコンラベルシール MK-SFL

シリコン不使用の剥離紙(セパレーター)を使った、無塵シールラベル

クリーンルーム用ノンシリコンの無塵シールラベルはシリコン不使用

シリコン不使用の無塵セパレーター(剥離紙)を使用

通常のラベルシールのセパレーター(剥離紙)には、剥がれを良くするためにシリコンが塗布されています。
シリコン製品から転写されるシロキ酸などは「非粘着性」の成分で、物質を接着させない性質を持っており、微細な加工が必要な電子部品や印刷用フィルムにとっては、不具合発生原因の一つに挙げられます。

クリーンルーム内では、紙粉が発生する一般のシールラベルの持込みや使用はできません。
クリーンルーム内で剥がしても大丈夫なように、シールラベルと剥離紙(台紙)両方がクリーンペーパーと呼ばれる無塵紙で製作されている必要があります。

このような複合した環境下でラベルを使用する際には、この「ノンシリコン無塵ラベルシール」を使用します。

本製品には、シリコン不使用の無塵剥離紙(セパレーター)を採用し、ラベル本体へのシリコン成分の転写を防ぎます。
さらに剥離紙の原料には、一般紙よりもはるかに長い長繊維を使っており、擦っても紙粉の発生や繊維の脱落を防ぎます。

※ラベル本体は、白色のPETフィルム製です。
※レーザープリンターで印刷できますが、爪で擦ると印刷が削れる恐れがあります。

ノンシリコン無塵ラベル MK-SFLは、剥離紙にシリコンを使いません。

タックシールの製作(規格サイズはありません)

シリコン不使用の無塵タックはクリーンルーム用のシールラベル

一般的なシート加工

  • 指定の寸法・形状にて製作をする一般的な製作方法です。
  • 全ラベルに指定の印刷を行います。(同一内容)
  • レーザープリンターで印刷もできますが、爪で擦ると印字が削れる恐れがあります。
  • 複数の作業者でシートを分けて使えます。

シロキ酸防止のクリーンルーム用シールラベルはノンシリコンセパレーター

ロール状に巻き取って製作

  • ロール巻きなので、シールピーラーなどを使って簡単に剥がせます。
  • すべて同じ印刷内容になります。
  • 必要な分だけ引き出して使います。
  • インクリボンを使った熱転写印刷に適します。

クリーンルーム用 シリコンフリーラベルシールMK-SFL 特徴・用途

ノンシリコン無塵タックシールの特徴

  • セパレーター剥離紙にシリコンを使用しない、無塵のタックラベルです。
  • シリコン成分が、ラベル粘着面に転写していません。
  • シールを貼っても、シロキサンなど非粘着物質の転写を抑えます。
  • クリーンルーム内で剥がしても、紙粉や粉塵の発生を抑えます。
  • レーザープリンターで印刷できますが、爪などで擦ると印字が削れる恐れがあります。
  • 別注製作品につき、規格サイズはありません。

用途例

  • 電子基板や印刷フィルムなどシリコン成分を嫌う製品に。
  • 塵やホコリの発生がしないタックラベルシールとして。
  • シールを貼ったときに、シロキ酸など非粘着性分が転写するのを防止したいとき。
«
»